本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 経路設定 の意味 】
出典: BGP 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/12/07,URL: https://www.wdic.org/

 ルーティングプロトコルの一つ。広範囲のルーティングに使われる通信プロトコルで、TCP/IPネットワークのルーター間で経路情報交換に使われる。

[概要]
 主として、インターネットのバックボーンと呼ばれるようなネットワーク上で利用されている。最新バージョンのBGP4は、RFC 1771で規定された後、RFC 4271で置き換えられた。通信には179/tcpを用いる。

[特徴]
[セッション]
 BGPには大別して、次の二種類のセッションがある。
● EBGP ‐ 異なるAS間で使われる
● IBGP ‐ BGPによってルーティングしている同一AS内にあるルーター同士の情報交換で使われる ・・・
出典: Border Gateway Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年5月26日 (土) 18:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Border Gateway Protocol(ボーダ・ゲートウェイ・プロトコル、略称 : BGP)はインターネットの基幹となるルーティングプロトコルである。インターネットにおける最大の構成要素となる自律システム(Autonomous System:AS)の管理者のポリシーをAS間の経路制御に反映させる事を目的として設計された。

[概要]
 自律システム (AS) 間のルーティングを行うExterior Gateway Protocol(EGP)の通信プロトコルである。
 BGPはIPネットワークか自律システム (AS) 間の到達性を示すプレフィックス (prefix) のルーティングテーブルを維持することでルーティングを行う。 BGPはパスベクトル型ルーティングプロトコルに分類され、技術的なメトリックは使用しないが、ネットワークの細かい規則や方針に従ってルーティングを行う。 BGPはクラスレスドメイン間ルーティング (CIDR) をサポートし、経路の集約を行うことでルーティングテーブルのサイズを削減することができる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

BGP (通信用語の基礎知識)
Border Gateway Protocol (Wikipedia)

Dynabook Direct Dynabook Direct
【 経路設定 の同義語と関連語 】
< 1 >
BGP BGP-4 Border Gateway Protocol Border Gateway Protocol 4
border gateway protocol bˈɔɚdɚ ɡéɪtwèɪ próʊṭək`ɔːl ボゥーダゥー ゲイトゥウェイ プロトゥコァールゥ ボゥーダゥー・ゲイトゥウェイ・プロトゥコァールゥ
ボーダ・ゲートウェイ・プロトコル ボーダー・ゲートウェイ・プロトコル ボーダーゲートウェイプロトコル ビージーピー
RFC 1772 RFC 2796 RFC 2918 RFC 3065
RFC 3392 RFC 4271 RFC 4272 RFC 4273
RFC 4274 RFC 4275 RFC 4276 RFC 4278




EGPs Exterior Gateway Protocol ルーティングプロトコル 通信プロトコル
経路情報 経路制御 経路設定 EGP
EGP-2 Border bˈɔɚdɚ
ボォーァダゥァー ボゥーダゥー ボーダー へり
境目 隣接する











ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム