本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 経路制御 の意味 】
source of reference: ホップ(ネットワーキング) (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 10 July 2019, at 15:27 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/
Automatic translation

 インターネットを含むコンピューターネットワーキングでは、パケットが1つのネットワークセグメントから次のセグメントに渡されるときにホップが発生します。 データパケットは、送信元と宛先の間を移動するときにルーターを通過します 。 ホップカウントは、データが送信元と宛先の間を通過する必要がある中間デバイスの数を指します。 ・・・

[内容]
ネクストホップ
 ネットワークデバイスを設定するとき、 ホップはネクストホップを参照する場合があります。 ネクストホップは、最終的な宛先へのパスに沿ってパケットが転送される次のゲートウェイです。 通常、 ルーティングテーブルには、宛先ネットワークのIPアドレスと、最終的なネットワーク宛先へのパスに沿った次のゲートウェイのIPアドレスが含まれています 。 ネクストホップ情報のみを保存することにより、 ネクストホップルーティングまたはネクストホップ転送により、ルーティングテーブルのサイズが削減されます。 特定のゲートウェイは、宛先への完全なパスではなく、パスに沿った1つのステップのみを知っています。 ・・・
出典: BGP 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/12/07,URL: https://www.wdic.org/

 ルーティングプロトコルの一つ。広範囲のルーティングに使われる通信プロトコルで、TCP/IPネットワークのルーター間で経路情報交換に使われる。

[概要]
 主として、インターネットのバックボーンと呼ばれるようなネットワーク上で利用されている。最新バージョンのBGP4は、RFC 1771で規定された後、RFC 4271で置き換えられた。通信には179/tcpを用いる。

[特徴]
[セッション]
 BGPには大別して、次の二種類のセッションがある。
● EBGP ‐ 異なるAS間で使われる
● IBGP ‐ BGPによってルーティングしている同一AS内にあるルーター同士の情報交換で使われる ・・・
source of reference: Hop (networking) (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 10 July 2019, at 15:27 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

In computer networking, including the Internet, a hop occurs when a packet is passed from one network segment to the next. Data packets pass through routers as they travel between source and destination. The hop count refers to the number of intermediate devices through which data must pass between source and destination...

[Next hop]
When configuring network devices the hop may refer to next hop. Next hop is the next gateway to which packets should be forwarded along the path to their final destination. A routing table usually contains the IP address of a destination network and the IP address of the next gateway along the path to the final network destination. By only storing next-hop information, next-hop routing or next-hop forwarding reduces the size of routing tables...


【 経路制御 の意味 】
出典: ルーティング 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/04/03,URL: https://www.wdic.org/

 あるネットワークと、それとは別のネットワークをルーターによって接続し、通信できるようにすること。日本語では「経路制御」ともいう。

[概要]
 インターネット上のあるホストから全く別のホストへ通信するためには、途中で様々なネットワークを経由することになる。
 その経由の方法は一通りではなく、網の目のように張り巡らされた経路のうちのどれかひとつを通る。
 しかも、どこを通っても良いという訳ではなく、プロバイダー間の協力関係や回線速度などにより優先される経路が決められていたり、また途中に障害が発生して経路が寸断されたときに迂回経路を使うことで一時的に経路が変わることもある。
 加えて、有線回線と衛星通信を併用するような場合は、往路と復路で経路が違うようなこともありうる。
 そのような経路の中で、いろいろな条件から最適なものを選び出すのがルーティングである。 ・・・
出典: Border Gateway Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年5月26日 (土) 18:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Border Gateway Protocol(ボーダ・ゲートウェイ・プロトコル、略称 : BGP)はインターネットの基幹となるルーティングプロトコルである。インターネットにおける最大の構成要素となる自律システム(Autonomous System:AS)の管理者のポリシーをAS間の経路制御に反映させる事を目的として設計された。

[概要]
 自律システム (AS) 間のルーティングを行うExterior Gateway Protocol(EGP)の通信プロトコルである。
 BGPはIPネットワークか自律システム (AS) 間の到達性を示すプレフィックス (prefix) のルーティングテーブルを維持することでルーティングを行う。 BGPはパスベクトル型ルーティングプロトコルに分類され、技術的なメトリックは使用しないが、ネットワークの細かい規則や方針に従ってルーティングを行う。 BGPはクラスレスドメイン間ルーティング (CIDR) をサポートし、経路の集約を行うことでルーティングテーブルのサイズを削減することができる。 ・・・
出典: ルーティングテーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月7日 (火) 07:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

コンピュータネットワークにおけるルーティングテーブルとは、ルーターやネットワーク接続されたコンピュータが持つ、個々のネットワークの宛先への経路の一覧を保持しているテーブル状のデータ構造である。また、場合によってはそれらの経路ごとのメトリックも含み、ルーティング情報ベース (RIB) とも呼ぶ。ルーティングテーブルはそのノード周辺のネットワーク・トポロジーについての情報を含む。ルーティングテーブルの構築はルーティングプロトコルの主要な目的である。ルーティングテーブルには、ネットワーク・トポロジーの探索手続きで自動的に収集した情報から得たものだけではなく、元々固定で入力された静的経路も登録される。 ・・・


【 経路制御 の意味 】
出典: ルーティング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年11月7日 (水) 00:54 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ルーティング(英: routing)あるいは経路制御(けいろせいぎょ)とは、データを目的地まで送信するために、コンピュータネットワーク上のデータ配送経路を決定する制御の事である。

[概要]
 OSI参照モデルのネットワーク層(第3層)の中継機器がこの制御を担っている。ルーティングを行うための通信プロトコルを「ルーティングプロトコル」という。経路が判明すれば、その経路に沿って、発信元から最終的な受取先へ、結節点またはノード(ここではルータと呼ばれる)を経由しながら転送を繰り返して情報が送られる。情報はパケット(小包の意。データをある程度の量ずつに小分けして送信する、その一単位)として送られ、各パケットには論理的なアドレスが付加してある。各ルータはルーティングテーブルという表を保持しており、この表に従ってパケットの転送先を決定する。 ・・・

カスペルスキー セキュリティ ノートンストア

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ルーティング (通信用語の基礎知識)
Hop (networking) (Wikipedia)
BGP (通信用語の基礎知識)
ルーティング (Wikipedia)
ルーティングテーブル (Wikipedia)
Border Gateway Protocol (Wikipedia)



【 経路制御 の同義語と関連語 】
< 1 >
BGP bíː dʒíː píː ビージーピー BGP-4
Border Gateway Protocol Border Gateway Protocol 4 border gateway protocol bˈɔɚdɚ ɡéɪtwèɪ próʊṭək`ɔːl
ボゥーダゥー ゲイトゥウェイ プロトゥコァールゥ ボゥーダゥー・ゲイトゥウェイ・プロトゥコァールゥ ボーダ・ゲートウェイ・プロトコル ボーダー・ゲートウェイ・プロトコル
ボーダーゲートウェイプロトコル RFC 1772 RFC 2796 RFC 2918
RFC 3065 RFC 3392 RFC 4271 RFC 4272
RFC 4273 RFC 4274 RFC 4275 RFC 4276
RFC 4278


EGPs Exterior Gateway Protocol ルーティングプロトコル 通信プロトコル
経路情報 経路制御 経路設定 EGP
EGP-2 Border bˈɔɚdɚ
ボォーァダゥァー ボゥーダゥー ボーダー へり
境目 隣接する











【 経路制御 の同義語と関連語 】
< 2 >
next hop next hop address ネクスト・ホップ・アドレス ネクストホップ
ネクストホップアドレス 次の送り先





















ルーティングテーブル 経路制御 経路制御表 経路表
隣接ホスト 隣接ルータ

























【 経路制御 の同義語と関連語 】
< 3 >
ルーティング routing ɹuːtɪŋ ラゥウティング
ラゥウディング 経路選択 けいろせんたく 経路制御
けいろせいぎょ 経路

















route rúːt ルウトゥ ラウトゥ
ルート 路線 経路
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム