本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 経路表 の意味 】
source of reference: ホップ(ネットワーキング) (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 10 July 2019, at 15:27 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/
Automatic translation

 インターネットを含むコンピューターネットワーキングでは、パケットが1つのネットワークセグメントから次のセグメントに渡されるときにホップが発生します。 データパケットは、送信元と宛先の間を移動するときにルーターを通過します 。 ホップカウントは、データが送信元と宛先の間を通過する必要がある中間デバイスの数を指します。 ・・・

[内容]
ネクストホップ
 ネットワークデバイスを設定するとき、 ホップはネクストホップを参照する場合があります。 ネクストホップは、最終的な宛先へのパスに沿ってパケットが転送される次のゲートウェイです。 通常、 ルーティングテーブルには、宛先ネットワークのIPアドレスと、最終的なネットワーク宛先へのパスに沿った次のゲートウェイのIPアドレスが含まれています 。 ネクストホップ情報のみを保存することにより、 ネクストホップルーティングまたはネクストホップ転送により、ルーティングテーブルのサイズが削減されます。 特定のゲートウェイは、宛先への完全なパスではなく、パスに沿った1つのステップのみを知っています。 ・・・
source of reference: Hop (networking) (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 10 July 2019, at 15:27 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

In computer networking, including the Internet, a hop occurs when a packet is passed from one network segment to the next. Data packets pass through routers as they travel between source and destination. The hop count refers to the number of intermediate devices through which data must pass between source and destination...

[Next hop]
When configuring network devices the hop may refer to next hop. Next hop is the next gateway to which packets should be forwarded along the path to their final destination. A routing table usually contains the IP address of a destination network and the IP address of the next gateway along the path to the final network destination. By only storing next-hop information, next-hop routing or next-hop forwarding reduces the size of routing tables...
出典: ルーティングテーブル 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/03/11,URL: https://www.wdic.org/

 ルーターやホストが持っているパケットの配送先の経路情報のこと。この情報を元にルーターはパケットをルーティングする。

[概要]
 ルーティングテーブルは、Windows用語、およびCisco Systems用語である。Linuxでは、ルーティングテーブルは「フォワード情報ベース」または「フォワーディングインフォメーションベース」と呼ばれ(日本語版Ubuntuでは前者で表示される)、FIBと略されている。

[確認方法]
Linux
 以下のいずれかで可能(全て同じ機能)
● route
● route -F
● route --fib
Windows
 Microsoft Windowsのコマンド プロンプトでは、以下で可能。
● route print


【 経路表 の意味 】
出典: ルーティングテーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月7日 (火) 07:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

コンピュータネットワークにおけるルーティングテーブルとは、ルーターやネットワーク接続されたコンピュータが持つ、個々のネットワークの宛先への経路の一覧を保持しているテーブル状のデータ構造である。また、場合によってはそれらの経路ごとのメトリックも含み、ルーティング情報ベース (RIB) とも呼ぶ。ルーティングテーブルはそのノード周辺のネットワーク・トポロジーについての情報を含む。ルーティングテーブルの構築はルーティングプロトコルの主要な目的である。ルーティングテーブルには、ネットワーク・トポロジーの探索手続きで自動的に収集した情報から得たものだけではなく、元々固定で入力された静的経路も登録される。 ・・・
出典: ルーティングテーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年3月7日 (火) 07:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 コンピュータネットワークにおけるルーティングテーブルとは、ルーターやネットワーク接続されたコンピュータが持つ、個々のネットワークの宛先への経路の一覧を保持しているテーブル状のデータ構造である。また、場合によってはそれらの経路ごとのメトリックも含み、ルーティング情報ベース (RIB) とも呼ぶ。ルーティングテーブルはそのノード周辺のネットワーク・トポロジーについての情報を含む。ルーティングテーブルの構築はルーティングプロトコルの主要な目的である。ルーティングテーブルには、ネットワーク・トポロジーの探索手続きで自動的に収集した情報から得たものだけではなく、元々固定で入力された静的経路も登録される。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Hop (networking) (Wikipedia)
ルーティングテーブル (通信用語の基礎知識)
ルーティングテーブル (Wikipedia)



【 経路表 の同義語と関連語 】
< 1 >
next hop next hop address ネクスト・ホップ・アドレス ネクストホップ
ネクストホップアドレス 次の送り先





















ルーティングテーブル 経路制御 経路制御表 経路表
隣接ホスト 隣接ルータ

























【 経路表 の同義語と関連語 】
< 2 >
ダイナミックルーティング dynamic routing dɑɪnˈæmɪk ɹuːtɪŋ ダイナェーミック ラゥウティング
ダイナェーミック・ラゥウティング ダイナミック ルーティング ダイナミック・ルーティング 動的ルーティング
動的経路制御


















経路表 routing protocol ルーティング プロトコル ルーティング・プロトコル
ルーティングプロトコル


























【 経路表 の同義語と関連語 】
< 3 >
ルーティングテーブル FIB Forwarding Information Base fɔ́rwɚdɪŋ ìnfɚméɪʃən béɪs
フォーワゥディング インフォァメイシュン ベイス フォーワゥディング・インフォァメイシュン・ベイス フォワーディング インフォメーション ベース フォワーディング・インフォメーション・ベース
フォワーディングインフォメーションベース IP転送表 フォワード情報ベース
RIB Routing Information Base ɹuːtɪŋ ìnfɚméɪʃən béɪs ラゥウティング インフォァメイシュン ベイス
ラゥウティング・インフォァメイシュン・ベイス ルーティング インフォメーション ベース ルーティング・インフォメーション・ベース
IP経路表 ルーティング情報ベース 経路情報 経路表
静的ルーティング 転送情報ベース

static route static routing スタティック ルーティング スタティック ルート
スタティック・ルーティング スタティック・ルート スタティックルーティング スタティックルート
静的ルート






















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム