本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ゲイン の意味 】
出典: 利得 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月17日 (金) 03:45 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 利得(りとく、英: gain)とは、電気回路における入力と出力の比のことである。英語のままゲインとも呼ばれる。一般的な利得という言葉と異なり、出力の方が入力よりも小さい場合も利得と呼ぶ。その場合、利得を1より小さい値で表す。デシベルならば0dB以下となる。

[概要]
 電圧であれば電圧利得、電流であれば電流利得と呼ぶ。しかし、断りなく利得と書いてある場合は、一般的に電力の利得(電力利得)をさす。比なので、単位をつけずに表す。電気工学では、常用対数を10倊にしたデシベルで表すことが多い。ただし、電力を基準にしているため、電圧で計算する場合は20倊となる。電力以外で考える場合には、比較する場所双方のインピーダンスが等しいことが前提になってはいるが、慣習的に入出力でインピーダンスの異なる回路においても、換算せずにそのままの電圧比の常用対数の20倊をデシベルで表して、その回路の電圧利得とすることもしばしばで行われている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

利得 (Wikipedia)

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房《で!
【 ゲイン の同義語と関連語 】
< 1 >
利得 amplification degree `æmpləfɪkéɪʃən dɪgríː アェンプラゥファケイシュン ディグリー
アェンプラゥファケイシュン・ディグリー アンプリフィケイション デグリー アンプリフィケイション・デグリー gain
ゲイン りとく 増幅度 増幅率
電圧増幅度 電圧利得 電流増幅度 電流利得
電力増幅度 電力利得









amplification `æmpləfɪkéɪʃən アェンプラゥファケイシュン アンプリフィケイション
増幅 拡大 倊率
degree dɪgríː デグリィー デグリー
段階 程度
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム