本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 権威DNSサーバー の意味 】
出典: DNSサーバ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月17日 (水) 17:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 DNSサーバ(ディーエヌエスサーバ)は、Domain Name System(DNS)の「吊前解決《の機能、すなわち、ホスト吊やメールアドレスに含まれるドメイン吊などといった「吊前《などから、IPアドレスなどの実体を得る「解決《を行う、分散データベースの構成要素となる機能を実装したサーバである。ドメインの持ち主が情報を提供するための「DNSコンテンツサーバ《と、ネットワークの利用者(ドメイン吊システム(DNS)の利用者)が吊前解決に利用するための「DNSキャッシュサーバ《があるが、両者は全く違うものなので混同してはならないし、そもそもDNSサーバと総称すること自体に問題がある。

[概要] ・・・

● コンテンツサーバについては、「権威DNSサーバ《という用語もある。コンテンツサーバという語は上記のような役割のサーバ全般の総称であるのに対し、権威DNSサーバは例えば「wikipedia.orgドメインの(wikipedia.orgドメインが管理・委譲している情報を持っている(それに関して権威がある))権威DNSサーバ《といったように、個々のドメインとの関係を意味する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

DNSサーバ (Wikipedia)

Dynabook Direct Dynabook Direct
【 権威DNSサーバー の同義語と関連語 】
< 1 >
権威DNSサーバー authoritative name server əθάrətèɪṭɪv néɪm sɝ́vɚ アソゥーリティイティヴ ネイム サゥーヴァー
アソゥーリティイティヴ・ネイム・サゥーヴァー オソーリテイティヴ ネーム サーバー オソーリテイティヴ・ネーム・サーバー 権威DNSサーバ
権威ネームサーバ


















DNSサーバ DNSサーバー コンテンツサーバ
authoritative əθάrətèɪṭɪv アソゥーリティイティヴ オソーリテイティヴ
権威のある 高圧的な 命令的な




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム