本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 言及する の意味 】
出典: 軽量プログラミング言語 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年11月20日 (水) 07:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 軽量プログラミング言語(英: lightweight language)は、2001年にMITで開催されたワークショップ「LL1: Lightweight Languages Workshop」のCFPによれば、何らかの実際の機能によるカテゴライズではなく、習得・学習・使用が容易な(The term "lightweight" refers not to actual functionality, but to the idea that these languages are easy to acquire, learn, and use.)プログラミング言語を指し、当時におけるそのような言語としてPerl・Python・Ruby・Scheme・Curlを例として挙げている。

[軽量プログラミング言語の例]
 現在、日本で一般に軽量プログラミング言語と言った場合、おおむね以下のようなスクリプト言語を指す。
 ●AWK
 ●bash
● csh ・・・

最新FMVをお得に手に入れるなら
『わけあり品』がオススメ♪
キャンセル品などを特別価格・メーカー保証付きでご提供!


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

軽量プログラミング言語 (Wikipedia)



【 言及する の同義語と関連語 】
< 1 >
軽量プログラミング言語 Lightweight Language láɪtwéɪt lˈæŋgwɪdʒ ライトウェイトゥ ラングゥイッジ
ライトウェイトゥ・ラングゥイッジ LL 軽量言語 Python
パイソン Ruby ルビー Perl
パール Scheme スキーム Curl



term tˈɚːm タゥーム
術語 用語

Lightweight láɪtwéɪt ラゥイトゥウェイトゥ ライトウェイトゥ
軽量の refers rəfɝ́z
リィファゥーズ 言及する actual
ˈæktʃuəl アェクチュアゥルゥ アクチュアル 実際の
functionality fʌ̀ŋkʃənǽlɪti ファンクショナェリディ
機能性 acquire əkwάɪɚ
アゥクワイァー 習得する





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム