本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 検索エンジン対策 の意味 】
出典: SEO 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2006/11/22,URL: https://www.wdic.org/

 検索エンジン最適化技術。目的のページを、GoogleやYahoo!といった検索サイトの上位に表示させるための技巧のこと。

[概要]
 検索エンジン(サーチエンジン)は様々あるが、それらはみな、入力されたキーワードから、検索エンジンごとの基準に応じて最適と判断された順番にページのURL等を表示させている。
この検索結果は、上位であればあるほど利用者の目に付きやすく、結果としてページへの来訪者も増えることが期待される。それが企業のページともなると商品の売れ行きにも関わることがあるため、企業などを中心に、可能な限り自分のページが上位に来るように工夫を凝らすようになった。
[特徴]
 根拠
検索エンジンの主要機能である、特定のキーワードからWebサイトのURLを導き出す処理は、あくまでも人間が書いたプログラムである。従って、その特性を掴めば目的のページを上位に出すことも人為的に行なえる筈である。こういった技術の集大成が、このSEOといえる。
排除されるSEO
とはいえ、一つの方法が見つかったとしても、その技はいつまでも利用可能なわけではない。これら検索サイトは「適切な」検索結果を出すため、こういった外部からの操作による「不適切な結果」を排除すべく、常にシステムが変更されているからである。
上位に出すための最良の方法は、良質のページを作り、多くの人から評価され、そのページに多数のリンクを付けてもらうことである。究極的最終的には、これ以外には無いのが結論である。
出典: 検索エンジン最適化 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月8日 (金) 17:33 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ 検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。サーチエンジン最適化ないし検索エンジン対策とも呼ばれ、ウェブポジショニングと同義である。サーチエンジンマーケティングとあわせて用いられることも多い。英語表記のSEOから「セオ」とも呼ばれる。

[歴史]
 サイト所有者の多くは、検索エンジン所定の方式にのっとり、自身のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ送信し、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)に親和性の高いウェブページを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。そしてまもなく検索エンジン最適化を行う会社も立ち上げられ、検索エンジンの内部論理アルゴリズムの分析・探究が促進された。 ・・・

デル株式会社 デル株式会社

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

SEO (通信用語の基礎知識)
検索エンジン最適化 (Wikipedia)



【 検索エンジン対策 の同義語と関連語 】
< 1 >
SEO ésíːoʊ エスイーオー Search Engine Optimization
sˈɚːtʃ éndʒɪn Optimization サゥーチ エンジン オプタマジィーシュン サゥーチ・エンジン・オプタマジィーシュン サーチ エンジン オプティマイゼーション
サーチ・エンジン・オプティマイゼーション SEO対策 ウェブポジショニング けんさくエンジンさいてきか
サーチエンジン最適化 サーチエンジン対策 セオ ブラックハットSEO
ホワイトハットSEO 検索エンジン最適化 検索エンジン対策








SEO poisoning SEOポイズニング





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム