本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 原子番号47 の意味 】
出典: 銀 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月8日 (日) 12:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 銀(ぎん、英: silver、羅: argentum)は原子番号47の元素。元素記号は Ag。貴金属の一種。

[概要]
 室温における電気伝導率と熱伝導率、可視光線の反射率は、いずれも金属中で最大である。光の反射率が可視領域にわたって98 %程度と高いことから美しい金属光沢を有し、大和言葉では「しろがね/しろかね(白銀: 白い金属)」と呼ばれた。

[電気工学分野への応用]
 室温において、銀は既知の金属の中で、最も電気抵抗率が低い。また、展延性も非常に高く、金に次ぐ数値を示す。そのため、電気伝導率の良い電線として利用されている。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

銀 (Wikipedia)



【 原子番号47 の同義語と関連語 】
< 1 >
Ag Argentum atomic number 47
ətάmɪk nˈʌmbɚ 47 アゥトァーミック ナンバゥー フォーティーセヴン アゥトァーミック・ナンバゥー・フォーティーセヴン アトミック ナンバー フォーティーセブン
アトミック・ナンバー・フォーティーセブン 原子番号47 Silver silver
sílvɚ シィルゥヴァー シルヴァ シルヴァー
シルバー しろかね しろがね








































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム