本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 原子番号48 の意味 】
出典: カドミウム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月24日 (火) 13:34 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 カドミウム(英: cadmium)は原子番号48の金属元素である。元素記号は Cd で、いわゆる亜鉛族元素の一つ。

[用途]
 ウッド合金の成分材料、顔料(カドミウムイエロー・レッド・オレンジ等)、二次電池(ニッカド電池)の電極などさまざまな工業製品に利用されているほか、中性子を吸収する性質から、原子炉の制御用材料にも使われている。カドミウムはめっき材料として自動車関連業界で古くから用いられてきた。めっきが均質で、亜鉛よりはやや小さいイオン化傾向を持ち、犠牲電極として良好な性質を持つからである。また潤滑油とのなじみがよく、焼付きを防ぐ性質がある。 ・・・

デル株式会社 デル株式会社

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

カドミウム (Wikipedia)



【 原子番号48 の同義語と関連語 】
< 1 >
カドミウム atomic number 48 ətάmɪk nˈʌmbɚ 48 アゥトァーミック ナンバゥー フォーティーエイトゥ
アゥトァーミック・ナンバゥー・フォーティーエイトゥ アトミック ナンバー フォーティーエイト アトミック・ナンバー・フォーティーエイト 原子番号48
Cadmium cadmium kˈædmiəm キャドゥミアゥム
カデェミアム カドゥミューム キャドゥミウム Cd












































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム