本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 原子番号66 の意味 】
出典: ジスプロシウム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月21日 (日) 00:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ジスプロシウム (英: dysprosium、ディスプロシウムとも言うことあり) は原子番号66の元素。元素記号は Dy。

[用途]
 中性子吸収断面積が大きいので原子炉の制御用材料として利用される(→鉛またはガドリニウムとの合金)。光磁気ディスク(光メモリ)の材料や磁石、蓄光剤の添加剤としても利用される。他に伸縮合金にも使われる。また、ヨウ化ジスプロシウム(III)や臭化ジスプロシウム(III)といった塩は高輝度放電ランプの光の赤色領域の貴重なスペクトル線を出すのに使われている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ジスプロシウム (Wikipedia)

富士通 FMV LIFEBOOK UH 富士通 WEB MART
【 原子番号66 の同義語と関連語 】
< 1 >
ジスプロシウム atomic number 66 ətάmɪk nˈʌmbɚ 66 アゥトァーミック ナンバゥー シィックスティーシィックス
アゥトァーミック・ナンバゥー・シィックスティーシィックス アトミック ナンバー シィックスティーシィックス アトミック・ナンバー・シィックスティーシィックス 原子番号66
Dy Dysprosium dysprosium dɪspróʊziəm
ディスプロウジアム ディスプロウジィアム ディスプロシウム












































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム