本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 原子番号62 の意味 】
出典: サマリウム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月19日 (土) 07:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 サマリウム(英: samarium)は原子番号62の元素。元素記号は Sm。

[用途]
 サマリウムコバルト磁石:フェライト磁石の1000倍の磁力を有しネオジム磁石に次いで強力な磁石として利用される。ネオジム磁石の方が価格が安く性能もよいが、ネオジム磁石のキュリー温度(磁性がなくなる温度)が300から400 °Cであるのに対してサマリウムコバルト磁石のキュリー温度は約700 °Cと高いため、高温で使用する用途などで使われている。サマリウムコバルト磁石は、コンピューターのハードディスク、電気自動車やコンプレッサー用のモーター、永久磁石同期電動機、音響機器のスピーカーやヘッドホン、携帯電話、スマートフォン、風力発電等の幅広い用途でも使用されている。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

サマリウム (Wikipedia)



【 原子番号62 の同義語と関連語 】
< 1 >
サマリウム atomic number 62 ətάmɪk nˈʌmbɚ 62 アゥトァーミック ナンバゥー シィックスティートゥー
アゥトァーミック・ナンバゥー・シィックスティートゥー アトミック ナンバー シィックスティーツー アトミック・ナンバー・シィックスティーツー 原子番号62
Samarium samarium səmériəm Sm
サゥメァリアム サマリアム













































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム