本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キー・インデックス型レコード管理ソフト の意味 】
出典: Btrieve 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年6月12日 (日) 03:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Btrieve(ビートリーブ)とは、1980年代はじめに米国ソフトクラフトが開発したISAMライクなレコード・マネージメント・システムであり、現在では後継製品Pervasive PSQL のTransactional EngineとしてファイルI/Oの中核になっている。日本では1987年よりエージーテック社が販売。・・・ Btrieveは他の資料では関係データベース管理システム (RDBMS) とされることもあるが、データの管理はファイルごとに独立しており、ファイル間の関連付けまでは管理していない高機能なIAMシステムと言える。また、データの取り扱いの単位はレコードでRDBMSのようなフィールド単位の管理は行っていないため、レコード・マネージャと呼ばれることもある。ISAMよりも優れているのは、複数データ更新の一貫性を保証するトランザクション処理と複数のレコードをまとめて読み書きできるEtendedオレーションを備えていることである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 キー・インデックス型レコード管理ソフト の同義語と関連語 】
< 1 >
.btr BSPXCOM.NLM btr Btrieve
BTRIEVE.EXE Btrieve.NLM Pervasive PSQL Pervasive.SQL
キー・インデックス型レコード管理ソフト ビーティーアール ビートリーブ
















DBエンジン Pervasive データベース・エンジン データベースソフト
パーペイシブ 米ソフトクラフト

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム