本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 企業間ネットワーク の意味 】
出典: エクストラネット 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月13日 (木) 01:01 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

エクストラネット(Extranet)、あるいはアウターネット(Outer-net)とはコンピュータネットワークにおける用語の一つで、複数のイントラネットを相互接続したネットワークシステムのことである。

[概要] エクストラネットとは限られた範囲で扱われる共有資源を含むセキュリティで保護されたネットワークのことである。この用語はもともと「イントラネットを拡張したネットワーク」という程度の意味しかなく、この単語が意味する事に関していくつかの議論がなされてきたが、現在ではイントラネットが主に同一の企業またはグループ企業内のネットワークであるのに対し、エクストラネットは電子商取引や電子データ交換などといった異なる企業間での情報通信を行うネットワークシステムのことを主に指す。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

エクストラネット (Wikipedia)

【 企業間ネットワーク の同義語と関連語 】
< 1 >
Extranet extranet Outer-net outer-net
outernet アウターネット エクストラネット 企業間ネットワーク




















VPN アウターネット構想 イントラネット 企業間取引
電子データ交換 電子商取引
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム