本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ギザギザ の意味 】
出典: ジャギ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/07/18,URL: https://www.wdic.org

コンピューターグラフィックスなど、ピクセルやドットで画像を表現する際に、解像度が荒い場合や斜線表示などで発生するギザギザ状の表示のこと。これを軽減するための技術としてアンチエイリアシングなどがある。
出典: ジャギー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年4月2日 (月) 17:34 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ジャギー(Jaggy, Jaggies)は、ビットマップ画像(ラスターイメージ)やビットマップフォントなどの輪郭に見られる、階段状のギザギザのこと。折り返し雑音の一種。ビットマップ画像の解像度に依存し、解像度が低いほどギザギザが大きく目立つようになる。ジャギーはビットマップ画像の持つ特徴であり、ジャギーが存在しないビットマップ画像はない。ジャギーを軽減させる方法は、画像をウェブサイトや印刷などの用途に合わせて適切な解像度を設定する、アンチエイリアスを設定するなどがある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ジャギ (通信用語の基礎知識)
ジャギー (Wikipedia)

【 ギザギザ の同義語と関連語 】
< 1 >
ジャギー gather Jaggies Jaggy
jaggy ギザギザ ギャザー ジャギ
階段状のギザギザ


















anti-aliasing antialias smoothing アンチエイリアシング
スムージング ビットマップフォント ビットマップ画像 ラスターイメージ
折り返し雑音





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム