本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 疑似階調表現 の意味 】
出典: ディザ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月15日 (月) 18:03 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ディザ(Dither)とは、量子化誤差(端数)を、単純に丸めるのではなく、全体の量子化誤差が最小化するよう確率を調整して切り捨てまたは切り上げのどちらかをランダムにおこなうためによるゆらぎのことである。そのような一種のノイズ的データを追加する作業および技法はディザリング(Dithering)またはディザ法と呼ばれる。誤差を周囲のデータに拡散する手法をも含めて言うこともある。ディザリングは、デジタル音響やデジタル動画のデータを処理する際に普通に行われ、CDの制作でも最終段階でよく行われている。

[デジタル信号処理と波形解析におけるディザリング]
 ディザリングは、デジタルデータの標本化周波数や量子化ビット数を変換する際の処方(デジタル信号処理)として、デジタル音響、デジタル動画、デジタル写真、地震学、レーダー、天気予報などの分野で使われる。なかでも波形解析におけるこの信号処理の方式の意義は大きい。 ・・・

NEC「得選街」 幅わずか98mm!省スペース、省電力PCサーバ登場!


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ディザ (Wikipedia)



【 疑似階調表現 の同義語と関連語 】
< 1 >
ディザ法 dither method díðɚ méθəd デザゥー メッセァッドゥ
デザゥー・メッセァッドゥ ディザー メッセドゥ ディザー・メッセドゥ ディザー・メソッド
Dithering デザゥーリング ディザリング 網点ディザ法
















2値化 疑似階調表現 中間調
dither díðɚ デザゥー ディザ
動乱 おろおろする




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M