本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 気象データ の意味 】
出典: アメダス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月1日 (水) 22:34 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アメダス(AMeDAS:Automated Meteorological Data Acquisition System:自動気象データ収集システム)とは、日本国内約1,300か所の気象観測所で構成される気象庁の無人観測施設である「地域気象観測システム」の通称である。

[概要] 日本国内約1,300か所に設置されているアメダス観測所で気象観測を行っている。観測網の密度は降水量が約17km(=17km四方の正方形につき1か所)、4要素の観測点は約20kmであり、概ねメソβスケール(20km - 200km規模)の現象を捉えることができるとされている。都府県レベルの気象現象の把握には効果を発揮している。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アメダス (Wikipedia)

【 気象データ の同義語と関連語 】
< 1 >
アメダス ɔ́təmèɪtɪd mìːṭiərəlάdʒɪkəl déɪṭə `ækwəzíʃən sístəm AMeDAS Automated Meteorological Data Acquisition System
オァードゥメイティドゥ・ミディァラゥジカゥルゥ・デイダゥー・アェクワジィッシュン・シィステム オートメーテッド・ミーティオロロジカル・データ・アクイジション・システム 自動気象データ収集システム 地域気象観測システム




















Japan Meteorological Agency mìːṭiərəlάdʒɪkəl Meteorological ミーティオロロジカル
ミディァラゥジカルゥ 気象データ 気象の 気象業務法
気象情報 気象庁 天気予報 日本気象協会



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム