本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 きたいか の意味 】
出典: 共通鍵暗号 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月27日 (土) 10:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 共通鍵暗号方式(きょうつうかぎあんごうほうしき、英語: common key cryptosystem)は、暗号化と復号に同一の(共通の)鍵を用いる暗号方式である。秘密鍵暗号方式 (secret key cryptosystem) 、対称鍵暗号 (symmetric key encryption scheme)、慣用暗号方式 (conventional encryptosystem)、共有鍵暗号 (shared key cryptosystem) ともいう。長所は公開鍵暗号方式と比べて処理が高速であること、短所は鍵の受け渡しに注意を要することである。どんなに複雑な鍵による暗号化を施しても、鍵さえ分かってしまえばだれでも復号できてしまうためである。暗号化する人と復号する人それぞれが同じ鍵を持つ必要があるが、鍵が漏洩する可能性は、保持者が増えるほど増すことになる。 ・・・

[歴史]
・・・ 1977年のDESが現代暗号の始まりであり、それとともに暗号学も始まったといえる。アルゴリズムを公開してよい、すなわち議論の題材とできるため、研究が活発化したのである。暗号の解読方法の発見もこの学問の領域で、さまざまな危殆化に対応するため、新しい方式が考案されてきた。解読方法の例としては ・・・
出典: き・たい【危殆】『新村 出編 広辞苑 第三版 岩波書店』

 きわめてあやういこと。非常に危ないこと。「危殆に瀕す」

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

共通鍵暗号 (Wikipedia)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
【 きたいか の同義語と関連語 】
< 1 >
暗号の危殆化 RFC 2828 あんごうかぎのきたいか あんごうのきたいか
安全性が脅かされる 安全性が低下 暗号アルゴリズムの危殆化 暗号の安全性監視体制
暗号の危殆化問題 暗号モジュールの危殆化 暗号解読 暗号鍵の危殆化
危険な状態 危険にさらされる













CRYPtography Research & Evaluation Committees CRYPTREC きたいか サイドチャネル攻撃
危殆化


























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム