本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 機能アップ の意味 】
出典: オーバードライブプロセッサ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2013/09/04,URL: https://www.wdic.org/

Intelが、i486からPentiumの頃に開発し販売した、アップグレード用プロセッサーの商品名。

[概要] この製品は、マザーボードのSocketに搭載されたCPUと交換して使用するか、またはコプロセッサー用のソケットに取り付けて使用する。オーバードライブプロセッサを搭載すると、既存のCPUは動作を停止し、全ての処理を高速動作可能なオーバードライブプロセッサ側で処理するようになる。つまりこの製品は、マルチプロセッサー環境にしたり、既存のCPUを倍速にする回路を含んだりするわけではなく、単に高速なプロセッサーであるが、当時の技術の範囲内で、比較的簡単に高速プロセッサーに付け替えることを可能とした。
出典: オーバードライブプロセッサ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年3月4日 (金) 10:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

オーバードライブプロセッサ (OverDrive Processor、ODP) は、1990年代に、インテルがCPUのアップグレードパスとして販売していたプロセッサである。CPU内部クロックの逓倍率が等倍あるいは2倍といった低倍率の既存プロセッサをのっとって、3倍や4倍などの高倍率のプロセッサが働くことで、PCの計算速度を上げる、というものである。ODPと略されることが一般的である。ODPのルーツは、型番こそコプロセッサの系列であったものの、実態としてはCPUとしての全機能を持っていた487である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

オーバードライブプロセッサ (Wikipedia)

【 機能アップ の同義語と関連語 】
< 1 >
CPUアクセラレータ DX2ODP DX4 ODP DX4ODP
MMX Pentium ODP ODP ODP486SX ODPR
OVERDRIVE OverDrive Processor OverDriveプロセッサ P24T
Pentium II ODP Pentium ODP Pentium ODP for Intel486 Pentium OverDriveプロセッサ
SX2ODP オーディーピー オーバードライブ・プロセッサ オーバードライブプロセッサ








アップグレード グレード・アップ グレードアップ パワーアップ
機能アップ 機能拡張 機能強化 高速化























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム