本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 きひ の意味 】
出典: 隠れ端末問題 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年2月18日 (水) 07:45 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

隠れ端末問題 (かくれたんまつもんだい、hidden node problem)とは、ネットワーク通信の分野において、ALOHAや、CSMA/CA、IEEE 802.11などのプロトコルで発生する有名な問題である。

[概要] ある2つの端末(ノード)が互いに隠れている、とは、端末同士が互いの信号の到達範囲外にあることを意味する。逆に、端末同士が互いの信号の到達範囲内にある場合は、それらの端末はさらし状態であると表現する(さらし端末問題)。隠れ端末問題とは、AとBという2つのノードが互いに隠れていて(信号の到達範囲外にあって)、双方が同時にデータを送信した場合に、受信ノードCにおいて、(AとBから同時にデータが届くため)データの衝突(コリジョン)が発生する問題である。AとBは互いに隠れているため、Aからすれば、Bが今データを送信中であるのかどうかを知るすべはない。同様に、Bからすれば、Aが今データを送信中であるのかを知るすべはない。よって、AとBは、受信ノードCに向けて同時にデータを送信してしまうことがありえる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

隠れ端末問題 (Wikipedia)

【 きひ の同義語と関連語 】
< 1 >
隠れ端末問題 hídn nˈəʊd prάbləm hidden node problem かくれたんまつもんだい
ヒドゥン・ノウドゥ・プラブラゥム ヒドゥン・ノード・プロブレム 隠れホスト 隠れ端末




















Avoidance Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance CSMA/CA CSMA/CA with RTS/CTS
アヴォイアンス きひ さらし状態 さらし端末問題
忌避 衝突回避 衝突回避制御 逃避



















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム