本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 基本メモリ の意味 】
出典: Upper Memory Area 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月23日 (金) 06:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Upper Memory Area (アッパー メモリ エリア、UMA、上位メモリ領域) は、IBM PC互換のx86コンピュータの設計上の特徴であり、コンベンショナルメモリに640KBの上限があることの原因である。Upper Memory Block (UMB) はUMA領域内にRAMを割り当てたブロックを指す。

[予約されたメモリ空間] IBMはPCのメモリマップ上の高位アドレス領域をROM、周辺機器内のRAM、メモリマップされた入出力 (I/O) に予約した。この領域をUMAと呼び、コンベンショナルメモリより高位のアドレスである640KBと最初のPCの8088CPUのアドレスの上限である1MBの間に置いた。 ・・・
出典: コンベンショナルメモリー 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2009/08/21,URL: https://www.wdic.org/

MS-DOSが、伝統的(conventional;コンベンショナル)に用いていたメモリー領域のこと。

[概要] 具体的には、MS-DOSが元来用いていたプロセッサー8086が処理できるメモリー領域のことで、そのうちRAMがある00000h〜9FFFFhの640Kiバイトのアドレス領域をいう。機種によっても異なるが、A0000h〜FFFFFhの384Kiバイトは、VRAMやBIOS ROM、拡張スロット用のROMおよびI/O領域などがマッピングされており、通常は利用できない。

[特徴] MS-DOS
MS-DOSでは、基本的にこの640Kiバイトの容量を全てのソフトウェアが使う。FEP(今で言うIME相当)や、各種の常駐ソフトも同様である。 ・・・
Windows
プロセッサーが32ビット化されても、16ビットOSを利用しているうちは互換性のためにコンベンショナルメモリーは足かせとして存在しつづけた。Windows 95、Windows 98、Windows MeなどのWindows 9x系OSでは、ヒープなどの制限として存在する。この問題の完全な解決は、完全な32ビット環境となるWindows NTやWindows 2000以降である。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Upper Memory Area (Wikipedia)
コンベンショナルメモリー (通信用語の基礎知識)

【 基本メモリ の同義語と関連語 】
< 1 >
コンベンショナルメモリー 00000h〜9FFFFh conventional memory kənvénʃnəl méməri
main memory カゥンヴェンシュナルゥ・メムリィー コンベンショナル・メモリ コンベンショナルメモリ
メイン・メモリ メインメモリ ユーザー・メモリ ユーザーメモリ
基本メモリ














conventional kənvénʃnəl UMA カゥンヴェンシュナルゥ
コンベンショナル 空きメモリ 伝統的な























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム