本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 基本的施設 の意味 】
出典: アドホック・モード 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月10日 (日) 00:57 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アドホック・モード (ad hoc mode) は、IEEE 802.11無線LANの動作モードのひとつで、それぞれの端末に設置された無線LANのアダプタが、互いに直接通信をする形態のこと。これに対して、ネットワークを統括する「アクセス・ポイント」を介して通信を行う形態を、インフラストラクチャー・モードという。2つの無線LANアダプタをアドホックモードで通信させるには、アダプタに設定するESS-ID(Extended Service Set Identifier)を一致させておく必要がある。 一般的な利用方法は、無線LANインタフェースをもつPC2台を通信可能な近さに設置し、互いにファイルのやりとりなどを行うものである。 ・・・
出典: インフラストラクチャー・モード 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年10月17日 (土) 13:02 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 インフラストラクチャー・モード(infrastructure mode)は、IEEE 802.11無線LANの動作モードのひとつで、それぞれの端末に設置された無線LANのアダプタが、ネットワークを統括する「アクセス・ポイント」を介して通信し、互いに直接通信しない形態のこと。また、アクセス・ポイント同士を有線LANで結んでネットワークを拡張可能。このモードでは、CSMA/CA方式に加え、PCF(Point Coordination Function)を使ってアクセス・ポイントがアクセス管理を行う仕組みが取り入れられている。そのため、個々の端末が互いに衝突を調整するアドホック・モードと比較すると効率が良い。なお、ひとつのLANに複数のアクセス・ポイントが接続され、それぞれ異なる範囲をカバーしている場合には、端末機が移動すると通信相手のアクセス・ポイントが自動的に切り替えられる。これをローミングと言う。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

インフラストラクチャー・モード (コトバンク)
インフラストラクチャモード (e-Words)
インフラストラクチャー・モード (Wikipedia)
アドホック・モード (Wikipedia)
ローミング (Wikipedia)



【 基本的施設 の同義語と関連語 】
< 1 >
インフラストラクチャー・モード Infrastructure mode infrastructure mode ɪ̀nfrəstrʌ́ktʃɚ mˈəʊd
インフラストゥラクチャー モーゥドゥ インフラストゥラクチャー・モーゥドゥ インフラストラクチャ モード インフラストラクチャ・モード
インフラストラクチャモード インフラストラクチャー モード インフラストラクチャーモード アクセスポイント経由通信
















ad hoc mode アドホックモード ローミング
infrastructure ɪ̀nfrəstrʌ́ktʃɚ インフラストゥラクチャー インフラストラクチャー
インフラ 基礎構造 基盤 基礎設備
基本的施設

















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム