本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 基本メモリ の意味 】
出典: Upper Memory Area 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月23日 (金) 06:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Upper Memory Area (アッパー メモリ エリア、UMA、上位メモリ領域) は、IBM PC互換のx86コンピュータの設計上の特徴であり、コンベンショナルメモリに640KBの上限があることの原因である。Upper Memory Block (UMB) はUMA領域内にRAMを割り当てたブロックを指す。

[予約されたメモリ空間]
 IBMはPCのメモリマップ上の高位アドレス領域をROM、周辺機器内のRAM、メモリマップされた入出力 (I/O) に予約した。この領域をUMAと呼び、コンベンショナルメモリより高位のアドレスである640KBと最初のPCの8088CPUのアドレスの上限である1MBの間に置いた。 ・・・
出典: コンベンショナルメモリー 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2009/08/21,URL: https://www.wdic.org/

 MS-DOSが、伝統的(conventional;コンベンショナル)に用いていたメモリー領域のこと。

[概要]
 具体的には、MS-DOSが元来用いていたプロセッサー8086が処理できるメモリー領域のことで、そのうちRAMがある00000h〜9FFFFhの640Kiバイトのアドレス領域をいう。機種によっても異なるが、A0000h〜FFFFFhの384Kiバイトは、VRAMやBIOS ROM、拡張スロット用のROMおよびI/O領域などがマッピングされており、通常は利用できない。

[特徴] MS-DOS
MS-DOSでは、基本的にこの640Kiバイトの容量を全てのソフトウェアが使う。FEP(今で言うIME相当)や、各種の常駐ソフトも同様である。 ・・・
Windows
 プロセッサーが32ビット化されても、16ビットOSを利用しているうちは互換性のためにコンベンショナルメモリーは足かせとして存在しつづけた。Windows 95、Windows 98、Windows MeなどのWindows 9x系OSでは、ヒープなどの制限として存在する。この問題の完全な解決は、完全な32ビット環境となるWindows NTやWindows 2000以降である。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Upper Memory Area (Wikipedia)
コンベンショナルメモリー (通信用語の基礎知識)



【 基本メモリ の同義語と関連語 】
< 1 >
コンベンショナルメモリー 00000h〜9FFFFh conventional memory kənvénʃnəl méməri
カゥンヴェンシュナルゥ メムリー カゥンヴェンシュナルゥ・メムリー コンベンショナル メモリ コンベンショナル・メモリ
コンベンショナルメモリ main memory メイン メモリ メイン・メモリ
メインメモリ ユーザー・メモリ ユーザーメモリ 基本メモリ












conventional kənvénʃnəl カゥンヴェンシュナルゥ コンベンショナル
伝統的な UMA 空きメモリ
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M