本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 逆修正離散コサイン変換 の意味 】
出典: 修正離散コサイン変換 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2014年5月7日 (水) 10:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

修正離散コサイン変換(しゅうせいりさんコサインへんかん)または変形離散コサイン変換 (modified discrete cosine transform; MDCT) とは、離散時間信号のサンプル値の系列を時間領域から周波数領域へ変換する離散時間信号処理技法の一種である。 主にMP3やAAC、Vorbisといった音声圧縮などで用いられている。 逆変換は逆修正離散コサイン変換 (IMDCT) である。MDCTは、窓を半分ずつ重複させながら変換を行う重複直交変換において、変換後のデータ量が増加しないように設計されている。 具体的には、Nの信号からN/2の係数列を出力する(信号は2回ずつ使われる)。 このような重複直交変換はELT(Extended Lapped Transform)で一般化されている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

修正離散コサイン変換 (Wikipedia)

【 逆修正離散コサイン変換 の同義語と関連語 】
< 1 >
MDCT Modified Discrete Cosine Transform modified discrete cosine transform しゅうせいりさんコサインへんかん
へんけいりさんコサインへんかん モデファイ・ディスクリートゥ・コオウサイン・トゥランスフォァム 修正離散コサイン変換 変形離散コサイン変換




















IMDCT 逆修正離散コサイン変換




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム