本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 逆の の意味 】
出典: Reverse address resolution protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月21日 (火) 12:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Reverse address resolution protocol(逆アドレス解決プロトコル、略称:RARP、リバースARP)は、機器の物理アドレス(MACアドレス)からIPアドレスを取得するためのプロトコルである。

[概要] 機器は自らのMACアドレスをブロードキャストし(RARPリクエスト)、それに対してRARPサーバが応答してIPアドレスを配布する。そのため、RARPサーバは必須である。RARPサーバにはMACアドレスとそれに対応するIPアドレスを登録してある。データリンク層に属する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Reverse address resolution protocol (Wikipedia)

【 逆の の同義語と関連語 】
< 1 >
RARP Reverse Address Resolution Protocol reverse address resolution protocol RFC 903
ラープ リヴァース・アドゥレス・レゾリューシャン・プロトゥコァールゥ リバース・アドレス・レゾリューション・プロトコル リバースアープ
逆アドレス解決プロトコル 逆引きプロトコル

















ARP IPアドレス MACアドレス Reverse
データリンク層 リヴァース リバース
逆の





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム