本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 逆アポストロフィ の意味 】
出典: グレイヴ・アクセント 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月18日 (月) 06:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 グレイヴ・アクセント(`)またはアクサングラーヴは、おもにラテン文字を用いる言語の表記に用いられるアクセント符号で、ダイアクリティカルマーク(発音区別符号)の一種。抑音符(よくおんぷ)、抑音符号(よくおんふごう)、重アクセント、低アクセント、鈍アクセントとも呼ばれる。ポルトガル語、フランス語、カタルーニャ語、イタリア語、ウェールズ語、ベトナム語などに用いられる。JIS X 0213の名称は、「アクサングラーブ, グレーブアクセント」。

[コンピュータ]
 ASCIIでは 6016 が(何らかの具体的な文字ではなく、スペースをともなった)グレイヴ・アクセントであり、Unicodeでは U+0060 である。この符号位置は特に伝統的に(Unicode以前の時代において)、開きシングルクォーテーションマークが無かったために、コンピュータ等で代用として多用されている(いくつかの例を以下に述べる)。そのためバッククォート(back quote)や、ほかに英語ではbacktickとも呼ばれる。 ・・・

NEC「得選街」 幅わずか98mm!省スペース、省電力PCサーバ登場!


【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

グレイヴ・アクセント (Wikipedia)



【 逆アポストロフィ の同義語と関連語 】
< 1 >
バッククォート ` 60h
bˈæk əpάstrəfi back apostrophe back quote backquote
backtick Shiftキー+@ U+0060 アクサングラーヴ
アクサングラーブ グレイヴ・アクセント グレーブアクセント バクティク
バック・アゥパストゥラフェィ バック・アパストゥラフィ バック・アポストロフィ バッククオート
バックティック 逆アポストロフィ 逆クォート




quote クウォートゥ 引用 引用文




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M