本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キャッシュサーバ の意味 】
source of reference: Internet Cache Protocol (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 3 April 2019, at 17:34 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

The Internet Cache Protocol (ICP) is a UDP-based protocol used for coordinating web caches. Its purpose is to find out the most appropriate location to retrieve a requested object in the situation where multiple caches are in use at a single site. The ICP is to use the caches as efficiently as possible, and to minimize the number of remote requests to the originating server. ...
出典: ICP 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2007/08/03,URL: https://www.wdic.org/

インターネット上のキャッシュサーバー(プロクシーサーバー)間における情報交換プロトコル。

[概要]
他のキャッシュサーバーに対し、キャッシュデータの有無を確認するために使われる。Harvest、Squidを中心に実装されたプロトコルで、基本的にUDPベース。ポートは3130/udpで実装されることが多い。
[特徴]
キャッシュの有無についての情報交換を行なうことを目的としたプロトコルである。実際のキャッシュデータの取得は、HTTPなどを用いる。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Internet Cache Protocol (Wikipedia)
ICP (通信用語の基礎知識)

【 キャッシュサーバ の同義語と関連語 】
< 1 >
cache server HTTPプロキシサーバ キャッシュサーバ キャッシュサーバー






















































【 キャッシュサーバ の同義語と関連語 】
< 2 >
DNSサーバ open resolver オープン リゾルバ オープン・リゾルバ
オープンリゾルバ キャッシュサーバ



















































【 キャッシュサーバ の同義語と関連語 】
< 3 >
ICP ˈɪntəˌnɛt kˈæʃ próʊṭək`ɔːl Internet Cache Protocol アイシーピー
インターネット・キャッシュ・プロトコル インタゥーネットゥ・キャェッシュ・プロトゥコァールゥ





















UDP キャッシュサーバ



























【 キャッシュサーバ の同義語と関連語 】
< 4 >
アプライアンスサーバ appliance server アプライアンス アプライアンス サーバ
アプライアンス・サーバ アプライアンスサーバー 単機能サーバ 特定用途向けサーバー




















Appliance appliance DNSサーバ Webサーバ
キャッシュサーバ キャッシュサーバー ゲートウェイサーバ コンピュータ・アプライアンス
ストレージサーバ ファイルサーバ プロキシサーバ ロードバランサ
特別用途向け装置 認証サーバ
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム