本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キャッシュのヒット率 の意味 】
出典: ヒット率 (コンピュータ) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年7月7日 (火) 15:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

CPUが必要とするデータがキャッシュメモリにない場合、メインメモリにアクセスする。このとき、必要なデータがキャッシュメモリにある確率をヒット率あるいはアクセス確率という。キャッシュメモリにない確率はNFP(Not Found Probability)と呼ばれ、これはヒット率の余事象であるので「1−ヒット率」で求めることができる。キャッシュメモリがある場合、CPUからメインメモリのアクセス時間を計算するにはヒット率あるいはNFPが必要となる。このとき、キャッシュメモリがある場合のアクセス時間を実効アクセス時間と呼ぶ。

[キャッシュのヒット率] データを読み込みに行った場合に、求めるデータがキャッシュ (コンピュータシステム)上に存在する確率や割合。反対に、ヒットしない場合(キャッシュ上には存在しないが、その先の本来の記憶装置(キャッシュ対象の記憶装置)上には存在した確率や割合)は、NFP(Not Found Probability) で表現される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ヒット率 (コンピュータ) (Wikipedia)

【 キャッシュのヒット率 の同義語と関連語 】
< 1 >
NFP 1-ヒット率 Not Found Probability キャッシュに存在しない確率
ノット・ファウンド・プロバビリティー ノットゥ・ファウンドゥ・プロバビリィティ





















アクセス確率 キャッシュのヒット率 キャッシュメモリ ヒット率



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム