本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 キャストゥ の意味 】
出典: 型キャスト 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2011/02/03,URL: https://www.wdic.org/

 C(やその流れを汲む言語)において、明示的な型変換演算のこと。

[概要]
 例えば、int型変数varの値をunsignedとして扱いたい場合、(unsigned)varのように書くことで、unsigned型として扱うことができる。この時、型変換の副作用で値に丸めなどが生じることがある。

[特徴]
 明示的型変換
C/C++では、汎整数拡張などを含め、暗黙的に型変換されることがある。しかし暗黙的な型変換が不可能な状況というものは往々にして存在し、この場合は明示的に記述して型変換をせねばならない。
C/C++
Cでは、「(type)a」という記法のみが用意されていた。C++では、「type(a)」という記法が可能になったほか、様々な型キャスト演算子が追加されている。
● (type)a … 型キャスト(Cスタイル)
● type(a) … 型キャスト(関数スタイル)
● const_cast(a) … const型キャスト
● dynamic_cast(a) … 動的型キャスト
● static_cast(a) … 静的型キャスト
● reinterpret_cast(a) … 強制型キャスト



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

型キャスト (通信用語の基礎知識)



【 キャストゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
型変換 cast kˈæst キャストゥ
キャスト casting kǽstɪŋ キャスティング
キャスト type cast type casting type conversion
暗黙のキャスト かたキャスト 型キャスト 明示的なキャスト












cast kˈæst 脱ぎ捨てる 鋳造型
投げる 投じる 配役 はいやく
流し込む





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M