本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キャソゥウドゥ レイ トゥーブ の意味 】
出典: ブラウン管 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月13日 (月) 11:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ブラウン管(ブラウンかん、米: cathode-ray tube (CRT))は、電子ビームを蛍光体に照射して発光させつつ、その電子ビームを偏向することで図像を表示する装置である。名称は、発明者であるドイツのカール・フェルディナント・ブラウンに由来する。

[概要]
 ビデオモニター、テレビ受像機、コンピューターなどのディスプレイやオシロスコープなどの用途があり、かつては広く一般家庭でも用いられた。当時はテレビの代名詞であり、テレビ番組の内容を指して「ブラウン管の向こう」と表現することもあった。YouTubeの"Tube"は、この真空管に由来する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ブラウン管 (Wikipedia)

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
【 キャソゥウドゥ レイ トゥーブ の同義語と関連語 】
< 1 >
ブラウン管 Cathode Ray Tube cathode ray tube Cathode-Ray Tube
cathode-ray tube kˈæθoʊd réɪ túːb キャソゥウドゥ レイ トゥーブ キャソゥウドゥ・レイ・トゥーブ
カソード レイ チューブ カソード・レイ・チューブ CRT síː άɚ tíː
シーアールティ シィーアゥーティー シーアールティー CRTディスプレイ
CRTモニタ 陰極線管









analog アナログ アパーチャグリル カール・フェルディナント・ブラウン
シャドーマスク ディスプレイ ディスプレイ装置 モニタ
ラスタ ラスタスキャン 観測装置 走査線
電子銃 電磁偏向 表示装置 analog display
アナログ・ディスプレイ アナログ・モニター アナログディスプレイ












ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム