本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キャッチアック の意味 】
出典: SHA-3 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2012/10/03,URL: https://www.wdic.org

一方向ハッシュ関数の一つ。同一性確認(改竄されてないことの確認)や認証などに利用される予定。

[概要] 原文の長さなどに関係なく、固定長データ列を生成する。長くアルゴリズムの公募が行なわれていたが、5年間の検討の末、2012(平成24)年10月2日、遂にアルゴリズムが決定したと発表された。
Keccak:決定したアルゴリズムはKeccak(キャッチアック)とされている。具体的な技術は不明だが、NISTは、SHA-2にはあるかもしれない脆弱性はKeccakには存在しないとしている。Keccakは様々なハッシュ値長が可能だが、SHA-1が160ビットであるため、それを超える長さ、具体的にはKeccak-224やKeccak-256などが普及するのではないかと見込まれている。 ・・・
出典: SHA-3 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年1月21日 (月) 04:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

SHA-3は、元はKeccak ([ˈkætʃæk]あるいは[kɛtʃɑːk])として知られた暗号学的ハッシュ関数である。SHAシリーズの代替という目的からSHA-3という名があるが、その内部構造はSHA-2までの方式(en:Merkle–Damgård construction)とは全く異なっている。RadioGatúnを基にし、Guido Bertoni、Joan Daemen、Michaël Peeters、Gilles Van Asscheによって設計された。SHA-3は、2004年のCRYPTOにはじまる、MD5への攻撃成功の確認とSHA-1への攻撃の理論的確立という急速に進んだ在来の関数の危殆化を動機とした、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)によるこれらに類似した構造を持たないハッシュ関数を求めたコンペティションによるものである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

SHA-3 (通信用語の基礎知識)
SHA-3 (Wikipedia)

【 キャッチアック の同義語と関連語 】
< 1 >
SHA-3 FIPS PUB 202 Keccak Keccak-224
Keccak-256 Secure Hash Algorithm 3 Secure Hashing Algorithm 3 エスエイチエイ・スリー
カェチャック キャッチアック ケチャック シャー・スリー
シャースリー セキアゥー・ハェッシュ・アェルゥゴリズゥム・スゥリー セキュア・ハッシュ・アルゴリズム・スリー 暗号学的ハッシュ関数












1600ビット sponge construction スポンジ構造



























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム