本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キャップスロックキー の意味 】
出典: CapsLockキー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年9月8日 (木) 09:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

CapsLockキー(キャプスロックキー、キャップス-)またはCapital Lockキー(キャピタルロックキー)は、キーボード のキーの一つである。キーを押すことで状態の有効・無効を入れ替えられる。有効になっている時、アルファベットキーの打鍵が大文字の入力となる。

[概要] CapsとはCapital lettersの略、すなわちアルファベットの大文字の意味である。たいていの場合、CapsLockキーが有効になっている時にシフトキーを押しながら文字キーを押すと、例えば「GNU Free Documentation License」のような文字列が「gnu fREE dOCUMENTATION lICENSE」のようになるなど、大文字と小文字が入れ替わって入力される(シフトキーと関係なく、ロック状態では常に大文字とするシステムもある。理由等はシフトキー#シフトロックとCapsLockの記述を参照のこと)。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

CapsLockキー (Wikipedia)

【 キャップスロックキー の同義語と関連語 】
< 1 >
Caps Lock Capital letters Lock Key Capital Lockキー CAPS
Caps Lockキー CapsLock CapsLockキー upper case
uppercase キャップスロックキー キャピタル・ロック・キー キャピタルロックキー
キャプス キャプスロック キャプスロックキー 大文字・小文字切り替えキー












CAPital letterS Capital letters capital letter capital letters
英大文字 大文字
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム