本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キャビネットゥ の意味 】
出典: CAB 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 空白,URL: https://www.wdic.org/

 Windows 95以降で採用された、Microsoft Windows標準のアーカイブ(書庫)ファイルの拡張子、及びこの形式のファイルの通称。
出典: アーカイバー 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2010/04/16,URL: https://www.wdic.org/

 複数のファイルを一つのファイルにまとめること。及びそれを行なうためのソフトウェアなどのこと。英語の原義で「書庫」。最後の音引きを略して「アーカイバ」とも。

[概要]
 UNIXではtarがよく使われる。
 パーソナルコンピューターでは、ZIPやLHAが多く用いられる。ZIPやLHAにはファイルを圧縮する機能があるが、tarには圧縮機能がないためgzipやcompressなどのソフトを併用して圧縮する。
 アーカイブと同時に圧縮を行なうソフトウェアも多いが、圧縮すること自体はアーカイバーとは無関係である。つまり、「アーカイバーは圧縮するソフト」などという認識は間違いである。

[特徴]
 主要なアーカイバーに、次のようなものがある。
主としてUNIX用
● cpio
● tar
主としてMS-DOS/Windows用
● CAB
● GCA
● LArc
● LHA
● LHarc
● RAR
● ZIP
出典: CAB 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月11日 (月) 12:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 CAB(キャブ)は、主にMicrosoft Windowsで用いられるデータ圧縮のファイルフォーマットの一つ。CABはCabinet(キャビネット)の略語。
 ActiveXの自動ダウンロードやWindows Installerでは標準に用いられるほか、圧縮率がLHA等よりも高いため汎用のデータ圧縮形式としても用いられることがある。アーカイブファイルに署名が付けられるという変わった特性を持つ。アルゴリズムとしてはマイクロソフトが独自に改良したMSZipかLZXがあり、LZXの方が圧縮率では高いが、処理速度は遅い。Windows CEプラットフォーム(Windows Mobile、Pocket PC、Handheld PC等)では、アプリケーション インストーラが用いる標準コンテナとなっており、同プラットフォーム上では.CABファイルの関連付けはアーカイバ プログラムではなくインストーラの開始となる。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アーカイバー (通信用語の基礎知識)
CAB (Wikipedia)

HP Directplus -HP公式オンラインストア- HP Directplus -HP公式オンラインストア-
【 キャビネットゥ の同義語と関連語 】
< 1 >
CABファイル .CAB .cab .cabファイル
キャブ ファイル キャブ・ファイル application/vnd.ms-cab-compressed application/x-cab-compressed
CAB cab CABinet Cabinet
cabinet kˈæbnɪt Cabinet File CABフォーマット
CAB形式 File Extension .cab Microsoft installation archive キャビネット
キャビネットゥ キャビネット形式 キャブ




file extension アーカイブファイル データ圧縮 ファイル圧縮
拡張子 Archiver άɚkɑɪvɚ
アーァカゥイヴァー アーカイヴァ アーカイバ アーカイバー
複数ファイルを一つにまとめるソフト

















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム