本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キャリブレーション再試行回数 の意味 】
出典: Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年8月25日 (土) 04:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology (セルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジー、略称: S.M.A.R.T.; スマート) は、ハードディスクドライブと、ソリッドステートドライブの障害の早期発見・故障の予測を目的としてディスクドライブに搭載されている機能である。この機能は、各種の検査項目をリアルタイムに自己診断し、その状態を数値化する。ユーザーはその数値を各種のツール(後述)を用いることで知ることが出来る。全ての故障を予期することは出来ないが、安定した利用環境における経年劣化による故障を知るには非常に有効である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology (Wikipedia)

【 キャリブレーション再試行回数 の同義語と関連語 】
< 1 >
S.M.A.R.T. Calibration Retry Count Device Power Cycle Count Power-On Hours
Power-on hours count Recalibration Retries Seek Time Performance Self-Monitoring,Analysis and Reporting Technology
Soft Read Error Rate Spin Retry Count Spinup retry count オフトラックの数
キャラゥブレイシュン・リトゥライ・カウントゥ キャリブレーション・リトライ・カウント キャリブレーション再試行回数 シィーク・タイム・パゥフォーマンス
シーク・タイム・パフォーマンス スピンアップ・リトゥライ・カウントゥ スピンアップ・リトライ・カウント スピンアップ再試行回数
ソフト・リード・エラー・レート パワーオン・アワーズ・カウント リキャラゥブレイシュン・リトゥライズ 使用時間
電源ON/OFF回数 電源投入回数
































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム