本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 キューアールコード の意味 】
出典: QRコード 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年2月5日 (火) 01:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

QRコード(キューアールコード)は、1994年にデンソーの開発部門(現在は分離しデンソーウェーブ)が開発したマトリックス型二次元コード である。なお、QRコードはデンソーウェーブの登録商標(第4075066号)である。 QRはQuick Responseに由来し、高速読み取りができるように開発された。当初は自動車部品工場や配送センターなどでの使用を念頭に開発され、現在ではスマートフォンの普及などにより日本に限らず世界的に普及している。

[概説] バーコードは横方向にしか情報を持たないのに対し、QRコードは縦横に情報を持つ。そのため、格納できる情報量が多く、数字だけでなく英字や漢字など多言語のデータも格納できる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

QRコード (Wikipedia)

【 キューアールコード の同義語と関連語 】
< 1 >
QRコード iQRコード ISO/IEC 18004 JIS X 0510
QR QR Code QR code QR code Version 1
QR code Version 2 QR code Version 3 QR code Version 40 QRコード バージョン1
QRコード バージョン40 Quick Response Quick Response Code Quick Response code
quick response キューアールコード マイクロQRコード マトリックス型2次元コード








2次元コード LINE Pay Origami Pay PayPay
キャッシュレス決済 ペイペイ 楽天ペイ























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム