本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 行 の意味 】
出典: SDRAM 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年4月9日 (火) 10:18 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

SDRAM (Synchronous Dynamic Random Access Memory) は、システムバスに同期して動作するDRAM (Dynamic Random Access Memory)。シンクロナスDRAMとも。初期のDRAMのインタフェースは非同期式であり、制御入力の変化に反応して可能な限り素早く応答するようになっていた。SDRAMのインタフェースは同期式であり、制御入力に応答する前にクロック信号を待つため、コンピュータのシステムバスに同期して動作する。クロックは入ってくる命令をパイプライン化する内部の有限状態機械を駆動するのに使われる。そのためSDRAMのチップは非同期DRAMよりも複雑な操作パターンを持つことができ、より高速に動作できる。

[SDR SDRAM]
/RAS (Row Address Strobe)
名前に「ストローブ」とあるが、単なるコマンドビットとして機能する。/CAS および /WE と組み合わせて8種類のコマンドを指定する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

SDRAM (Wikipedia)

【 行 の同義語と関連語 】
< 1 >
RAS róʊ ədrés stróʊb sígnl RAS信号 Row Address Strobe
Row Address Strobe signal row address アールエーエス信号 ラス信号
ロウ・アドゥレス・ストゥロウブ・シィグナルゥ ロウ・アドレス・ストローブ・シグナル 行アドレス
















róʊ RAS to CASディレイ row ロウ
横列























【 行 の同義語と関連語 】
< 2 >
rec. record データレコード レコード
記録 録画 論理レコード


















































【 行 の同義語と関連語 】
< 3 >
row ロウ
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム