本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 恐喝 の意味 】
出典: ランサムウェア 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月3日 (木) 00:34 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ランサムウェア(英語: Ransomware)とは、マルウェアの一種である。これに感染したコンピュータは、利用者のシステムへのアクセスを制限する。この制限を解除するため、被害者がマルウェアの作者に身代金(ransom、ランサム)を支払うよう要求する。数種類のランサムウェアは、システムのハードディスクドライブを暗号化し(暗号化ウイルス恐喝)、他の幾種類かは単純にシステムを使用不能にして、利用者が身代金を支払うように促すメッセージを表示する(スケアウェア)。こうしたプログラムは、当初ロシアで有名だったが、ランサムウェアによる被害は世界的に増大してきた。 ・・・
出典: 架空請求詐欺 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月10日 (月) 12:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ 架空請求詐欺(かくうせいきゅうさぎ)とは、契約した覚えのない、商品やサービスをあたかも「どこかで契約した」かのように見せかけ、「架空」の費目で請求し、金品をだまし取ること。

[概要] 手紙、はがきまたはメールなどで、使った覚えのないアダルトサイトなどの情報料の請求を行う手口である。メールで請求する場合、一見もっともらしい文面を用いるが、以下のような特徴があるため、十分に確認のこと。
● 宛先(受取人)に個人名(○○様など)が記載されていない。不特定多数に大量送信できるよう、意図的に受取人を省略している。
● 契約したはずのサイト名やURLが記載されていない。サイト名やURLを特定できない以上、いつどのサイトで契約したのか確認のしようがない。
● 差出人が企業名であるにもかかわらず、住所(所在地)が記載されていない。仮に住所が記載されていても、そこに当該のオフィスが存在するとは限らない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

架空請求詐欺 (Wikipedia)
ランサムウェア (Wikipedia)

【 恐喝 の同義語と関連語 】
< 1 >
Chimera CHIMERA Ransom_CRYPCHIM.A
























ˈrænsəmwer Cryptoランサムウェア rˈænsəm Ransom
Ransomware TrendLabs Report クライムウェア サイバー犯罪
ラェンサゥム ラェンサゥムウェアゥ ランサム ランサムウェア
ランサムウェア ファイル復号ツール ランサムウェア復号ツール 恐喝 脅迫
身代金 身代金要求型不正プログラム 不正プログラム










【 恐喝 の同義語と関連語 】
< 2 >
架空請求詐欺 かくうせいきゅう ご入会ありがとうございました ワンクリック詐欺
架空・不当請求 架空請求 架空請求・不当請求 架空請求メール
振り込め詐欺 登録が完了しました 入会手続き完了 不当請求
不当料金請求 料金をお支払いください













恐喝 詐欺 振り込め詐欺防止条例 電子消費者契約に関する民法の特例
電子消費者契約法 電子消費者契約法・第3条 特定商取引法
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム