本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 強調現実感 の意味 】
出典: 拡張現実 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月13日 (月) 02:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ、AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。英語の Augmented Reality の日本語訳であるため、それを日本語発音した「オーグメンテッド・リアリティ」や省略形のARも用いられる。また、拡張現実感(かくちょうげんじつかん)、強化現実(きょうかげんじつ)、増強現実(ぞうきょうげんじつ)とも言う。

[概要] 拡張現実は仮想現実(バーチャル・リアリティ = VR)の変種であり、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加・削除・強調・減衰させ、文字通り人間から見た現実世界を拡張するものを指す。 バーチャル・リアリティが人工的に構築された現実感と現実を差し替えるのに対し、拡張現実は現実の一部を改変する技術である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

拡張現実 (Wikipedia)

【 強調現実感 の同義語と関連語 】
< 1 >
AR ɑɡmɛ́ntəd riˈæləṭi Augmented Reality エーアール
オーグメンティドゥ・リアラゥディー オーグメンテッド リアリティ オーグメンテッド・リアリティ オーグメンテッドリアリティ
かくょうげんじつかん きょうかげんじつ ぞうきょうげんじつ 拡張現実
拡張現実感 強化現実 強調現実感 増強現実












ɔːgmént ɑɡmɛ́ntəd AR機器 augment
Augmented VR オーグメンティドゥ オーグメントゥ
てのりん 仮想現実 手のひらAR 手のひらARサービス
人工現実感 赤外線暗視スコープ 増加させる 複合現実















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム