本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 行政 の意味 】
出典: GO.JP 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2013/08/18,URL: https://www.wdic.org/

 日本の属性型JPドメイン名の一つ。日本政府などが用いる。

[用途]
 次の組織が登録できる。
 ● 日本の政府機関
 ● 各省庁所管の研究所
 ● 特殊法人
 ● 独立行政法人
 政府機関は、一つの組織で複数のGO.JPドメイン名を登録できる。
 特殊法人や独立行政法人はOR.JPとGO.JPのどちらか一方を選択できる。

[特徴]
沿革
 ● 1989(平成元)年: .junetに替え、.JP(CO.JP、OR.JP、AC.JP、AD.JP、GO.JP)へ移行
 ・・・
出典: 属性型JPドメイン名 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2013/08/18,URL: https://www.wdic.org/

 .jpドメインのうち、セカンドレベルがac/ad/co/ed/go/lg/gr/ne/orのいずれかであるもの。このセカンドレベルが組織種別を表わしている。

[概要]
 次のようなものがある。
 ● AC.JP (学術機関)
 ● AD.JP (JPNIC会員)
 ● CO.JP (企業)
 ● ED.JP (学校)
 ● GO.JP (日本政府)
 ● GR.JP (任意団体)
 ● LG.JP (地方公共団体)
 ● NE.JP (ネットワーク)
 ● OR.JP (法人団体)
出典: .jp 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年11月18日 (月) 07:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 .jp(ドットジェイピー)は日本の国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。日本レジストリサービス(JPRS)が管理する。

[概要]
 .jpドメイン創設時、このドメインの管理は社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が、日本におけるインターネットの技術面を監督するという立場からおこなっていた。
 しかしながら、.jpドメインの規模、重要性が増してきたため、2000年12月にJPNICの第11回全体会議で.jpを管理するための新しい会社をつくることが決められた。それに伴い株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が創設され、2002年4月1日よりJPNICから.jpドメインの登録管理業務を引き継いだ。 ・・・

[セカンドレベルドメイン]
属性型JPドメイン名
 ● ac.jp 学校教育法および他の法律の規定による学校(ed.jpに該当するものを除く)および大学共同利用機関、大学校、職業能力開発校、職業訓練法人、学校法人、国立大学法人、公立大学法人



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

GO.JP (通信用語の基礎知識)
属性型JPドメイン名 (通信用語の基礎知識)
.jp (Wikipedia)



【 行政 の同義語と関連語 】
< 1 >
.go.jp go.jp GO.JP dʒíː oʊ dʒéɪ píː
ジー オウ ジェイ ピー ジー・オウ・ジェイ・ピー ジーオウジェイピー ジー オー ジェー ピー
ジー・オー・ジェー・ピー ジーオージェーピー ジーオウ ジェイピー ジーオウ・ジェイピー
ジーオー ジェーピー ジーオー・ジェーピー GO.JP domain dʒíː oʊ dʒéɪ píː dəʊméɪn
go.jpドメイン GO.JPドメイン ジー オウ ジェイ ピー ドメイン ジー・オウ・ジェイ・ピー・ドメイン
ジーオウジェイピードメイン ジー オー ジェー ピー ドメイン ジー・オー・ジェー・ピー・ドメイン ジーオージェーピードメイン
ジーオウ・ジェイピー・ドメイン GOドメイン

government gˈʌvɚmənt ガヴァメントゥ ガバメント
政府 行政 政治
政府機関 各省庁所管の研究所 特殊法人 独立行政法人
属性型JPドメイン名 属性型ジェイピードメイン名 government.Japan
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M