本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 強制アクセス制御 の意味 】
source of reference: Linux Intrusion Detection System (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 10 July 2019, at 05:23 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

In computer security, the Linux Intrusion Detection System (LIDS) is a patch to the Linux kernel and associated administrative tools that enhances the kernel's security by implementing mandatory access control (MAC). When LIDS is in effect all system network administration operations, chosen file access, any capability use, raw device, memory, and I/O access can be made impossible, even for root. One can define which programs can access specific files. It uses and extends the system capabilities bounding set to control the whole system and adds some network and filesystem security features to the kernel to enhance the security. One can finely tune the security protections online, hide sensitive processes, receive security alerts through the network, and more. LIDS currently supports Linux kernel 2.6, 2.4. LIDS is released under the terms of the GNU General Public License (GPL)...



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

Linux Intrusion Detection System (Wikipedia)



【 強制アクセス制御 の同義語と関連語 】
< 1 >
LIDS Linux Intrusion Detection System lɪ́dz lɪ́nəks ɪntrúːʒən dɪtékʃən sístəm
リィニックス イントゥリュウジャン デテクシュン シィステム リィニックス・イントゥリュウジャン・デテクシュン・シィステム リナックス イントルージョン デテクション システム リナックス・イントルージョン・デテクション・システム




















MAC Mandatory Access Control Secure OS Security-Enhanced Linux
SELinux アクセス制御機能 セキュアOS セキュアーOS
セキュアオーエス 強制アクセス制御 最小特権
Intrusion ɪntrúːʒən イントゥリュウジャン イントルージョン
侵入 侵害












ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム