本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 共通鍵ブロック暗号 の意味 】
出典: Camellia 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月11日 (木) 13:43 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Camellia(カメリア)とは、2000年にNTTと三菱電機により共同開発されたブロック暗号である。名称の由来は植物のツバキ(ツバキ属:Camellia)。CamelliaはFeistel構造を採用したブロック長128ビットのブロック暗号で、鍵長としてAESと同じ128ビット、192ビット、256ビットの3つを選択できる。また、CamelliaはAESと同等の安全性を保ちつつハードウェアでの低消費電力で高速な暗号化・復号に優れている。

[構造]
 Camelliaの入出力インタフェースはAES互換で、ブロック長は128ビット固定、鍵長は128 / 192 / 256ビットの3つを選択できる。全体構造は、AESではSPN構造が採用されたのと違い、DESと同じFeistel構造を採用している。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Camellia2010v7_0.pdf (NTT Secure Platform Laboratories)
Camellia (Wikipedia)

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
【 共通鍵ブロック暗号 の同義語と関連語 】
< 1 >
カメリア Camellia Camellia Ver7.0 カメリア バージョン 7.0
























ブロック暗号 暗号方式 共通鍵ブロック暗号 共通鍵暗号




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム