本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 業務用移動通信 の意味 】
出典: 電波の周波数による分類 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年3月24日 (日) 22:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電波の周波数による分類(でんぱのしゅうはすうによるぶんるい)では周波数帯ごとに慣用の名称や用途などを記している。

[分類]
ITUによる分類
ELF:0.03Hz~300Hz
ULF:300Hz~3kHz
VLF:3~30kHz
LF:30~300kHz
MF:300kHz~3MHz
HF:3~30MHz
VHF:30NHz~300MHz
UHF:300MHz~3GHz
SHF:3~30GHz
EHF:30GHz~300GHz
:300GHz~3THz
出典: 極超短波 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年9月13日 (金) 07:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

極超短波(ごくちょうたんぱ、UHF(Ultra High Frequency))とは、300MHz - 3GHzの周波数の電波をいう。波長は10cm - 1m、デシメートル波とも呼ばれる

[概要]
伝播の特徴としては電離層で反射せず地表波の減衰が激しいため、直進する空間波による短距離通信に利用される。また、波長が短くアンテナが小形化できるので移動通信に適する。
● 業務用移動通信
● 地上波テレビジョン放送
● 軍用航空無線
● 無線航法
● 携帯電話(800MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz帯)
● PHS(1.8GHz帯、1.9GHz帯)
● 無線LAN(2.4GHz帯)
● XGP、モバイルWiMAX(2.5GHz帯)
● アマチュア無線
● RFIDデジタル簡易無線(400MHz帯)
などで利用される。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

電波の周波数による分類 (Wikipedia)
極超短波 (Wikipedia)

【 業務用移動通信 の同義語と関連語 】
< 1 >
UHF ˈʌltrə hάɪ fríːkwənsi 10cm~1m 300MHz~3GHz
júːéɪtʃéf Ultra High Frequency ultra high frequency ウルトラ ハイ フレケンシー
ウルトラ・ハイ・フレケンシー オルゥトゥラ ハーイ フリークウェンスィ オルゥトゥラ ハーイ フリクヮンシィー オルゥトゥラ ハイ フリクヮンシィー
オルゥトゥラ・ハーイ・フリークウェンスィ オルゥトゥラ・ハーイ・フリクヮンシィー オルゥトゥラ・ハイ・フリクヮンシィー ごくちょうたんぱ
デシメートル波 マイクロ波 ユーエイチエフ ユーエッチエフ
極超短波






1000MHz GHz gigahertz PHS
RFID XGP アマチュア無線 ギガヘルツ
モバイルWiMAX 業務用移動通信 軍用航空無線 携帯電話
地上デジタルテレビジョン放送 電波 無線LAN 無線航法















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム