本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 共有型ハードディスク の意味 】
出典: ファイル共有 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月4日 (火) 14:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ファイル共有(ファイルきょうゆう)は、コンピュータネットワーク内で、あるコンピュータ内のファイルに、他のネットワーク接続されたコンピュータからのアクセスをさせる仕組み。

[OSによるファイル共有] OSが提供するファイル共有は、その基盤となる通信規約(network protocol)によって性能などが異なる。トランスポート層のTCP、ネットワーク層のIPなどのインタネットプロトコルや、データリンク層のethernetを利用している場合には、オペレーティングシステムの負荷を低くすることができる。 基本的に、ファイルシステムの一部であり、ローカルファイルと同じように共有ファイルを操作できる(透過性がある)。注意点は、重要なものからあげると、次の通り。
● アクセス中にサーバコンピュータがオフラインになったり、ネットワークが切断される可能性がある。これが、ファイル共有の一番の問題である。特に、同じファイルへの接続が増加すると、接続は切れないが極端に遅くなることがある。
● 他のコンピュータが排他モードなどでアクセスしているファイルにはアクセスできない。これはファイルがローカルにあっても、複数のアプリ、複数の利用者が使っていれば起こりうるため、程度の問題でありファイル共有固有の問題ではない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ファイル共有 (Wikipedia)

【 共有型ハードディスク の同義語と関連語 】
< 1 >
ファイル共有 File Sharing file sharing アクセスを許可する
ディスク共有 ファイル・シェアリング ファイル・ネットワーク ファイルゥ・シェアゥリング
ファイル共用 共有ファイル・システム

















LHDU NAS REXAS ファイルサーバ
共有型HDD 共有型エイチディーディー 共有型ハード・ディスク 共有型ハードディスク
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム