パステム IT用語辞典・IT用語同義語辞典

 IT用語の同義語とそれに関連すると思われる関連語、同音異義語、英語の読み方、用語解説を確認できます。 先頭から26語(白の背景色)が同義語・類義語グループ、最後の26語(白緑の背景)が関連語のグループです。
 Google検索結果からこのページにジャンプした時、検索結果と別の用語が表示されることがあります。このようになった場合、一度「用語一覧《に移動し、再度目的の用語をクリックすることで正しい同義語一覧を表示することができます。これは、Googleの検索結果ページが作成された後に「IT用語同義語辞書《のデータが新しく更新された場合に起こります。


用語解説【グラフェン】
出典:「カーボンナノホーン《『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2013年11月17日 (日) 09:46 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ カーボンナノホーン(carbon nanohorn)は、炭素の同素体の1つ。ナノカーボンの一種で、グラフェン(グラファイトシート)を円錐形に丸めた構造をしている。CNHと略す。ナノホーンと略すこともある。グラフェンを円筒形に曲げた構造のカーボンナノチューブ (CNT) に似ており、後述するように実際には部分的にCNT構造を取るため、CNTに含められることもある。  [発見] 1998年、NECの飯島澄男らが発見した。飯島はCNTの発見者でもある。  [構造] 実際のカーボンナノホーンは、特殊な形状で得られる。多数のカーボンナノホーンが頂点を外側に向けて集まった、直径100 nm前後の集合体(カーボンナノホーン粒子)として得られる。この形はしばしばウニに例えられる。各々のカーボンナノホーンは、ある程度広がると、五員環により内側へと曲がり、5 nm前後の、CNTと同じ円筒構造に移行する。そのため実際は、カーボンナノホーンで端を閉じられたCNTだと言える。なお、(CNTと同様に)円錐・円筒部分にも多少の五員環や七員環が存在し、上規則に曲がったり凸凹したりしている。・・・

IT用語同義語・関連語【グラフェン】
< 1 >
Carbon nano horn carbon nanohorn CNH カーブンナノホーアン
カーボンナノホーン ナノホーン





















CNT カーボンナノチューブ グラファイトシート グラフェン
ナノカーボン
























【 IT用語索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        


IT用語辞典リンク集

 各用語の詳しい解説は、用語を「ドラッグ《後「右クリック《し、このページから直接 「Google検索《するか、「IT用語辞典リンク集《をご利用ください。