本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 マイクロアレイ法 の意味 】
出典: マイクロアレイ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月25日 (土) 05:54 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マイクロアレイ(Microarray)とは、検査・実験の対象物を多数(たとえば千個以上)固定化しておき、これに対して一度に検査・実験を行うための材料または技術を指す総称である。特に生物学・医学・薬学の方面で、20世紀末から核酸を対象とするDNAマイクロアレイを中心として開発が進み、利用されるようになってきた。アレイ(Array)とは整列・並べたものの意味であり、数が少ない場合(数百個以下)にはマクロアレイ(Macroarray)と呼ぶこともある。マイクロアレイの特長は多数の対象を一度に網羅的に扱える点にあり、これは特にバイオインフォマティクスやテイラーメイド医療(個人の体質に応じた医療)の要求を満たすものとして期待されている。 ・・・

マウスコンピューター高性能ノートパソコン特集 マウスコンピューター/G-Tune

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 マイクロアレイ法 の同義語と関連語 】
< 1 >
DNAチップ DNAマイクロアレイ Microarray タンパク質マイクロアレイ
マイクロアレイ マイクロアレイ解析 マイクロアレイ法 化合物マイクロアレイ
細胞マイクロアレイ 組織マイクロアレイ

















Macroarray マクロアレイ





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M