本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「マイクロカプセル型電気泳動方式」又はそれに関連する用語の意味 】
source of reference: E Ink (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited on 8 November 2020, at 10:31 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

E Ink ("electronic ink") is a brand of electronic paper (e-paper) display technology commercialized by the E Ink Corporation, which was co-founded in 1997 by MIT undergraduates JD Albert and Barrett Comiskey, MIT Media Lab professor Joseph Jacobson, Jerome Rubin and Russ Wilcox.It is currently available commercially in grayscale and color and is commonly used in mobile devices such as e-readers, and, to a lesser extent, digital signage, smartwatches, mobile phones, electronic shelf labels and architecture panels. ...
出典: 電子ペーパー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年2月25日 (日) 01:44 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

電子ペーパー(でんしペーパー)とは、紙の長所とされる視認性や携帯性を保った表示媒体のうち、表示内容を電気的に書き換えられるものをいう。1970年代に米国ゼロックス社のパロアルト研究所に所属していたニック・シェリドンがGyriconと呼ばれる最初の電子ペーパーを開発した。Gyriconの構造は、半球を白、別の半球を黒に塗り分けた微小な球をディスプレイに多数埋め込んだものである。球の一部は静電気を帯びており、電界によって球を回転させることで白地に黒い文字を浮かび上がらせられ、数千回の書き換えにも耐えた。

[種類]
● マイクロカプセル方式 - Gyriconと同じ方式
● 電子粉流体方式液晶方式 - 異なる波長の光を選択的に反射するコレステリック液晶層を使用して多色カラー表示を行う。2008年末現在、富士通、旭ガラス、富士ゼロックスが開発中
● エレクトロウェッティング方式 - Electrowetting電気泳動方式
● 化学変化方式 - 有機物や無機物の酸化還元反応を利用したもの。2008年末現在、船井電機が開発中 ・・・
【マイクロカプセル型電気泳動方式の同義語と関連語】
< 1 >
同義語・類義語 関連語・その他
E Ink カーボン粒子
electronic ink 酸化チタン粒子
ilὲktrɑ́nik íŋk
エレゥクトゥロニック インク electronic
エレゥクトゥロニック・インク ilὲktrɑ́nik
エレクトロニック インク エレゥクトゥロニック
エレクトロニック・インク エレクトロニック
エレクトロニックインク [形容詞]
Eインク 電子の
電子インク 電子工学の
電子的な
マイクロカプセル型電気泳動方式

























































更新日:2022年 2月14日


【マイクロカプセル型電気泳動方式の同義語と関連語】
< 2 >
同義語・類義語 関連語・その他
E Ink
イーインク
グレースケール
マイクロカプセル型電気泳動方式
超薄型ディスプレイ
電子ペーパー





































































更新日:




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

       
背景薄緑色の文字が編集完了
それ以外は書きかけの用語 
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M

小田急のお中元





【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

E Ink (Wikipedia)