本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 マイクロソフト・ドット・ネット の意味 】
出典: .NET Framework 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新2018年3月17日 (土) 10:35UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Microsoft .NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)は、マイクロソフトが開発したアプリケーション開発・実行環境である。Windowsアプリケーションだけでなく、XML WebサービスやウェブアプリケーションなどWebベースのアプリケーションなども包括した環境となっている。一般に.NETという場合、.NET全体の環境を指す。

[アーキテクチャ] 共通言語基盤: .NET Frameworkにおける最も重要な概念は共通言語基盤 (CLI) に含まれている。CLIの目的は言語に依存しない開発環境および実行環境を提供することである。マイクロソフトによるCLIの実装は共通言語ランタイム (CLR) と呼ばれる。CLRは次の主要な5項目からなる。共通型システム (CTS: Common Type System)共通言語仕様 (CLS: Common Language Specification)共通中間言語 (CIL: Common Intermediate Language)ジャストインタイムコンパイラ (JIT: Just-in-time compiler)仮想実行システム (VES: Virtual Execution System) ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 マイクロソフト・ドット・ネット の同義語と関連語 】
< 1 >
.NET .NET Framework .NET Framework 1.0 .NET Framework 1.1
.NET Framework 2.0 .NET Framework 3.0 .NET Framework 3.5 .NET Framework 4
.NET Framework 4.5 .NET Framework 4.6 .NET Framework 4.7 Microsoft .NET
Microsoft .NET Framework Microsoft.NET Windows Distributed interNet Application Windows DNA
ウィンドウズディーエヌエー マイクロソフト .NET マイクロソフト ドットネット マイクロソフト ドットネット フレームワーク
マイクロソフト・ドット・ネット マイクロソフト・ドットネット・フレームワーク マイクロソフトドットネット



































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム