本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 マゥノゥポリィー の意味 】
出典: 寡占 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年5月31日 (木) 16:07 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 寡占(かせん、英: oligopoly)とは、市場の形態の一つで、ある商品やサービスに係る市場が少数の売り手(寡占者、寡占企業)に支配されている状態のこと。少数が1社だけである場合は独占、2社ならば複占という。なお、買手側が寡占の場合(買手寡占)も存在する。

[売手寡占]
 寡占市場は売り手間の戦略的関係(相互依存性)が起きやすいという特徴がある。ある会社の決定は他の会社の決定に影響を及ぼすし、逆にある会社の決定は他の会社の決定の影響を受けて行われるともいえる。寡占企業の戦略は常に、他の市場参加者(寡占企業)がとり得る反応をあらかじめ推測し考えに入れて立案される。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

寡占 (Wikipedia)
寡占 (コトバンク)



【 マゥノゥポリィー の同義語と関連語 】
< 1 >
寡占 oligopoly ὰləgάpəli アリィガパゥリィー
アリガパリィー かせん 寡占企業 寡占者
供給寡占 市場制覇 専有 独占企業
売り手寡占 売手寡占













Duopoly dúoʊpɑ̀li デュアォポリィー デュオポリィー
ふくせん 複占 monopoly
mənάpəli マゥノゥポリィー モノポリー 専有
独占 polipoly ポァリィポリィー
供給多占 供給複占 多占












ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M