本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 マグネティック レズナンス イメージング の意味 】
出典: 核磁気共鳴画像法 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月1日 (土) 02:52 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう、英語: magnetic resonance imaging, MRI)とは、核磁気共鳴(nuclear magnetic resonance, NMR)現象を利用して生体内の内部の情報を画像にする方法である。磁気共鳴映像法とも。

[概要]
 被験者に高周波の磁場を与え、人体内の水素原子に共鳴現象を起こさせる際に発生する電波を受信コイルで取得し、得られた信号データを画像に構成する仕組み。水分量が多い脳や血管などの部位を診断することに長けている。MRI装置のガントリーの中にはコイルや磁石が搭載され、電流を流す原理を実現する。PET診断との組み合わせた複合タイプも一部普及しつつある。・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

核磁気共鳴画像法 (Wikipedia)



【 マグネティック レズナンス イメージング の同義語と関連語 】
< 1 >
MRI Magnetic Resonance Imaging magnetic resonance imaging mægnéṭɪk rézənəns ɪ́mɪdʒɪŋ
マェグネデック レザゥナゥンス イェメジング マェグネデック・レザゥナゥンス・イェメジング マグネデック レザナンス イェミジング マグネデック・レザナンス・イェミジング
マグネティック レズナンス イメージング マグネティック・レズナンス・イメージング MR-CT 核磁気共鳴
核磁気共鳴CT検査 核磁気共鳴画像法 核磁気共鳴信号 磁気共鳴影像法
磁気共鳴映像法 磁気共鳴画像装置 磁気共鳴画像法 磁気共鳴断層撮影








Resonance rézənəns レザゥナゥンス レズナンス
共振 共鳴 Nuclear Magnetic Resonance
nuclear magnetic resonance ヌークリィアゥー マェグネデック レザナンス ヌークリィアゥー・マェグネデック・レザナンス ニュークリア マグネティック レズナンス
ニュークリア・マグネティック・レズナンス NMR NMR-CT NMR現象
NMR信号 断層画像












ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム