本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 マシン語 の意味 】
出典: アセンブリ言語 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 空白,URL: https://www.wdic.org/

 マイクロプロセッサーが直接理解する言語である機械語に一対一で対応づけされ、人間が読み書きしやすいようにしたプログラミング言語のこと。機械語は2進数のビット列で構成されているが、その中には命令の種類とその命令で影響のおよぶ範囲、引数などが格納される。それらをわかりやすい英単語などに置き換えたものをアセンブリ言語という。アセンブリ言語で記述されたプログラムは、アセンブラーと呼ばれるソフトウェアを利用して機械語に翻訳する。最大の特徴はマイクロプロセッサーの機能を直接利用できる点で、処理時間やプログラムサイズを極限まで効率化することが出来、更にプロセッサーの機能や性能などの能力をフルに生かし切ることができる。しかしその代償としてプログラム作業は過酷困難であり、現在では一部のプロとマニアにしか利用されなくなっている。 ・・・
出典: アセンブリ言語 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月27日 (金) 13:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アセンブリ言語(アセンブリげんご、英: assembly language)とは、コンピュータ、マイクロコントローラ、その他のプログラム可能な機器を動作させるための機械語を人間にわかりやすい形で記述する、代表的な低水準言語である。なお、英語の assembly とは「組立」などといった意味である。

[概要]
 プロセッサが直接実行できる言語は、機械語である。しかし、機械語は、バイナリ(数値)の羅列なので人間には理解しにくい。そこで、機械語を直接記述するのではなく、ニーモニックと呼ぶ命令語でプログラムを記述することで、人間により分かりやすくしたものがアセンブリ言語である。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

アセンブリ言語 (通信用語の基礎知識)
アセンブリ言語 (Wikipedia)



【 マシン語 の同義語と関連語 】
< 1 >
native code object code object file object program
オブジェクト コード オブジェクト ファイル オブジェクト プログラム オブジェクト モジュール
オブジェクト・モジュール オブジェクトコード オブジェクトファイル オブジェクトプログラム
オブジェクトモジュール ネイティブ コード ネイティブ・コード ネイティブコード
マシン語 マシン語プログラム 機械語








































【 マシン語 の同義語と関連語 】
< 2 >
アセンブリ言語 Assembly language assembly language əsémbli lˈæŋgwɪdʒ
アゥッセンブリィー ラェングウィッジ アゥッセンブリィー・ラェングウィッジ エッセンブリ ラゥングウィッジ エッセンブリ・ラゥングウィッジ
アセンブリー ランゲージ アセンブリー・ランゲージ low-level programming language 低レベル言語
低級言語 低水準言語













assemble アセンブル 組み立て
assembly アセンブリー assembler
アセンブラ アセンブラー mnemonic
nɪmάnɪk ニモニック ニーモニック mnemonic code
ニーモニック・コード ニーモニックコード 覚えやすくした命令語
machine language マシン語 機械語 プログラミング言語
マクロアセンブラ 表意コード





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム