本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 マシンツーマシン の意味 】
出典: マシンツーマシン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月1日 (土) 12:40 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マシンツーマシン(英語: Machine-to-Machine, M2M)とは、コンピュータネットワークに繋がれた機械同士が人間を介在せずに相互に情報交換し、自動的に最適な制御が行われるシステムを指す。マシンツーマネジメント (Machine-to-Management) とも呼ばれ、モバイル通信の標準化団体である3GPPはマシンタイプコミュニケーション (Machine Type Communication) という名称で標準化を行っている。

[M2Mの主な活用分野] 様々な分野で活用されている。
● 自然環境の監視
● 見守り・セキュリティ
● 遠隔での使用状況等監視
● 決済関係
● 車両関係
● 広告表示 ・・・

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 マシンツーマシン の同義語と関連語 】
< 1 >
M to M M2M M2Mサービス M2Mシステム
Machine to Machine Machine Type Communication Machine-to-Machine Machine-to-Management
MTC エムツーエム エムトゥーエム スマートグリッド
マシンツーマシン 遠隔監視 遠隔制御 集中制御












































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム